東京都多摩地区のマンション管理なら桑原マンション管理士事務所

桑原マンション管理士事務所
マンション管理組合の運営を全力でお手伝いいたします!
東京都多摩地区を中心に活動しています。
マンション管理組合の運営に関する様々な問題解決に真剣に取り組みます。
マンション
マンション
マンション

マンションは、1棟の建物を多くの権利者が共有するため、マンションと言う財産を維持管理するためには、共有者全員の強い意識と相互協力が不可欠です。
しかしながら、共有者の方々はそれぞれ価値観、生活状況が異なり、全員の意見をまとめ、マンションの管理をスムーズに進めることはなかなか大変です。また昨今、居住者の高齢化の進行、非居住組合員の増加等により、役員の確保が困難となり、管理運営の柱となるべき管理組合の運営自体がままならなくなってきています。
 こういった様々なマンションを取り巻く問題を解決し、効率的な管理組合運営と、合理的なマンション維持管理の向上の為にこそ、私たちマンション管理士がいるのです。
私たちマンション管理士は、マンションデベロッパー、マンション管理会社、建築会社から独立した専門家であり、あくまでも管理組合、管理組合役員、管理組合員の皆様の立場に立ってお手伝いすることを義務付けられております。

法務アドバイザー

法務アドバイザー 赤司・野口法律事務所

詳細情報
税理士法人東京さくら会計事務所

税務・会計アドバイザー さくら会計事務所

詳細情報
行政書士キートス法務事務所

法務・行政書類アドバイザー
行政書士キートス法務事務所

詳細情報
ブログ
[最近の記事]

2016/09/14

マンションでの水漏れの問題 先日、マンションでの水漏れに関する記事を見つけました。マンション管理の重要な問題を含んでいると思いますので、ご参考までにご紹介いたします。居住しているマンションの天井から水漏れがあり、天井に大きなシミができてしまいました。すぐに管理組合に報告しましたが、水漏れに関しては、直接階上の方と交渉する様にとの事で、対処してもらえませんでした。階上の方に話しましたが、水漏れは起こしていない、自分には関係ないとの一点張りで話になりません。どうしたらいいでしょうか。と言うお話があったそうです。水漏れは一見、区分所有者間の個別の問題のように思われますが、確かにそういったケースも存在するのですが、マンションの天井には設備としての給水管、排水管が設置されています。水漏れが専有部分で発生しているものであれば、当該の部屋の区分所有者が、修理の責任がありますが、その場合でも、管理組合として、助言、指導、監督をする義務があると思います。まして、漏水の原因が共用部分にあるかもしれません。この場合は、当然、管理組合として対処する必要があるのは言うまでもありません。いずれにしても、水漏れを放置することは、建物、マンション全体の維持管理に重大な影響を及ぼす可能性があるのですから、管理組合として、水漏れの原因究明を行い、解決するのが当然なのです。

全て表示

このページの先頭に戻る